コラム

RC造の工法の種類

RC造は、鉄筋とコンクリートを組み合わせて構築された建物構造の一種です。
工法には2種類あり、建物の種類に応じて使い分けられています。
そこで今回は、RC造の工法の種類と特徴についてご紹介します。
▼RC造の工法の種類とは
■RCラーメン構造
RCラーメン構造は、建物にかかる重力や水平方向の力を梁や柱によって支える鉄筋コンクリート構造の一種です。
梁が水平方向の力を受け、それを柱に伝えることで建物全体を支えます。
主に住宅やビルなどで使用され、その強度と耐震性からさまざまな建物で採用されています。
建物の大きな開口部や広いスパンにも対応でき、柔軟な設計が可能です。
素材が比較的入手しやすく施工も一般的な工法なため、建築プロジェクトで広く利用されています。
■壁式構造
壁式構造は、耐力壁で荷重を支える構造です。
建物の外側や内側に配置された壁が重力や水平方向の力を受け止め、分散させることにより建物全体を支えます。
主に住宅や小規模な建物に適しており、構造自体が非常にシンプルでありながら効果的です。
壁式構造の耐力壁には、鉄筋コンクリートやプレキャストコンクリートパネルなどが使用されます。
これらの壁が建物全体に均等に配置され、地震や風などの外部からの力に対して強固な支持力を提供します。
耐震性が高く柱や梁を使用しないため、室内の間取りに制約が少ないのも特徴です。
▼まとめ
RC造の工法には、RCラーメン構造と壁式構造の2種類があります。
RCラーメン構造は梁や柱で建物を支えるのに対し、壁式構造は耐力壁で荷重を支えます。
弊社では、線材の直線切断加工と製品の販売を行っております。
建築構造材として梁や柱に使用される硬綱線材も取り揃えておりますので、気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. スケールとは?

  2. コンロッドの役割

  3. 製造業でコストダウンを図る方法

PAGE TOP